Synopsys Japan Executive Forum 2018

本フォーラムは終了いたしました。皆様のご来場、誠にありがとうございました。

本年も、お世話になっておりますお客様、パートナー様をお招きし 「Synopsys Japan Executive Forum」を開催する運びとなりました。

エレクトロニクス、半導体業界の動向につき、情報交換いただく場としてご活用いただければ幸いです。

ご多用中誠に恐縮でございますが、何卒お越しいただきたくご案内申し上げます。

日時 / 場所

2018年10月18日(木) 15:50~20:00 
東京コンファレンス・センター品川
  5F 
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 Tel: 03-6717-7000 
JR 品川駅港南口(東口)より徒歩2分      会場地図

お申込

ご出欠につきましては、招待状に同封の返信用葉書にて、または後日お送りしますご案内Eメールに記載のURLよりお客様専用ページにてご回答をお願いいたします。

プログラム

時間 内 容
15:20 受付開始
15:50

ご挨拶

日本シノプシス合同会社
社長 
藤井 公雄

16:00

ロボット時代の創造

ロボットクリエイター
株式会社ロボ・ガレージ代表取締役
東京大学先端研特任准教授
高橋 智隆 様

 

世界中でロボット・AI分野への研究開発競争が激化すると共に、いよいよ我々の仕事や暮らしの中でロボットが活躍し始めました。当日はロボットのデモを交えながら、ロボット時代におけるクリエイティビティについてお話しします。また、ロボット普及の背景にある要素技術の進化にも言及したいと思います。

 

高橋 智隆 様  略歴

1975年生まれ。2003年京都大学工学部卒業と同時に「ロボ・ガレージ」を創業し京大学内入居ベンチャー第一号となる。
代表作にロボット電話「ロボホン」、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、デアゴスティーニ「週刊ロビ」、グランドキャニオン登頂「エボルタ」など。ロボカップ世界大会5年連続優勝。米TIME誌「2004年の発明」、ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選定。開発したロボットによる3つのギネス世界記録を保持。
(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授、大阪電気通信大学客員教授、グローブライド(株)社外取締役、ヒューマンアカデミーロボット教室顧問。

17:00

At the Heart of Impact

Synopsys, Inc.
Chairman & co-CEO
Dr. Aart J. de Geus

“もっとコンピューティング・パワーを!”
これは世界中のあらゆる産業、研究機関、政府機関で叫ばれているスローガンです。我々の業界に対して、これまで以上のChangeとChallengeを求める声でもあります。オートモーティブ・セクターや健康/医療分野から金融サービスに至るまで、ますます拡大するAIベースの“Smart everything”の世界では、いまや全てが移動通信を前提にしたネットワークで結ばれ、結果として“Secure everything”もまた強く求められています。こうしたトレンドを踏まえ、このエキサイティングな状況の中にある成長機会と最先端のソリューションについて考察します。

 

Dr. Aart J. de Geus 略歴

1986年にシノプシスを共同設立以来、Aart J. de Geusは、シノプシスを論理合成テクノロジの新興企業からEDA の世界的リーディング・カンパニーへと導いてきました。一方で、論理合成とシミュレーション分野のテクノロジ・リーダーとして高い評価を受け、EDA 業界における主要なカンファレンスで基調講演も務めてまいりました。

また、Electronic Business誌より、2002年にCEO オブザイヤー、2005年に「最も影響力のあるエグゼクティブ10人」に選定され、2007年にはIEEE Robert N. Noyce 勲章、Silicon Valley Leadership Group (SVLG) 「Spirit of the Valley」 Lifetime Achievement賞、2009年には、GSA 「Morris Chang Exemplary Leadership賞」など、EDA業界と社会への顕著な功績を認められて、数々の賞を授与されています。

現在は、SVLG の委員長を兼務するかたわら、Applied Materials、Global Semiconductor Alliance(GSA)、Electronic Design Automation Consortium (EDAC) の委員も務めています。次世代の育成にも尽力しており、1999年にはシリコンバレー全域での科学・数学教育の振興を目指してシノプシス地域貢献基金も創設しています。

18:10

レセプション・パーティー

セッション終了後は、弊社社員も交え、お客様同士で情報交換・議論の続きをお楽しみいただくため、立食パーティーをご用意いたしております。

※ プログラムは変更される場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先:
日本シノプシス合同会社  フィールド・マーケティング・グループ  担当: 渡辺
Tel: 03-6746-3940    Email: jp-mkg_info@synopsys.com