人とくるまのテクノロジー展 YOKOHAMA

自動車業界の技術革新を推進する高性能なチップおよびソフトウェアの実現を支援する

シノプシスのソリューションをご紹介!

 

【リアル展示】

人とくるまのテクノロジー展 YOKOHAMA  シノプシスブース No.238 にぜひお立ち寄りください。

  • EVシステムモデル構築のためのモデリング・ツールSaber
  • 車載マイコンの仮想モデルと車載システムの性能予測を実現するPlatform Architect
  • バーチャル・プロトタイプの開発と導入にかかる期間を短縮するVirtualizer
  • 車載組込みソフトウェアの先行開発を実現するSilver仮想ECU

【注目のオンライン・ワークショップ】

  • デジタルツインを活用した車載電子システム開発―加速するデジタル・トランスフォーメーション

従来の開発手法のVプロセスではMILとHILSのギャップが大きく、システムの複雑化にともないシステム統合テストが困難になってきています。仮想プロトタイピングを活用した、次の世代へと進化を遂げる車載エレクトロニクスシステムへの取り組みをご紹介します。仮想SoCモデルによるSWのプリキャリブレーション、CI/CD統合テストやサプライチェーンの強化の例をご紹介します。

  • 仮想プロトタイプによる自動車設計の革新 ― 早期機能検証の効率化と各種SoCをターゲットとした性能予測

車載システムに含まれる組込みSWの量は爆発的に増加し、SWテストのコストは検証コスト全体の75%になると言われています。SWを含めた機能検証を早期に開始し、システム動作の透過性を高めることが求められます。一方、自動運転のような複雑なシステムをどのようなSoCで実行すべきか、SoC上でより効率よく実行する為にはどう最適化すべきかも重要課題です。これら課題に対する仮想プロトタイプの適用をご紹介します。

  • システム解析から故障モードの検証まで ― パワー・エレクトロニクスを含めたモデルベース開発

電動化により機械部品と電気システムや、そのHWが複雑に絡み合ってきています。

これらを組み合せ、複雑なテストを実現していくためには膨大なコストがかかるため、シミュレーションにより開発を加速するモデルベース開発が注目を浴びています。パワー・エレクトロニクスを含む電気システムや各種通信、モータなどの機械部品を統合的に扱えるSaberRDをご紹介します。

  • ASIP DesignerによるRISC-VプロセッサベースDCLSサブシステムの自動生成

車載ICでは機能安全対応が必須ですが、冗長性が求められる機能安全機構をICに実装すると、消費電力、性能、面積の設計目標達成が難しくなります。カスタムプロセッサ/DSPの設計開発環境であるASIP Designerは、DCLS構成のサブシステムを自動生成し、これら問題を解決します。RISC-Vプロセッサの例を元にDCLSサブシステム構築手法をご説明します。