ソフトウェア・インテグリティ

 

Bob Sagetとオープンソース・ライセンスのコンプライアンス

世界中のオープンソースの大部分は上位10~20のライセンスによってカバーされ、1回限りのライセンスのリストが延々と続きます。その多くは、Death and Repudiationライセンスのように、標準ライセンスにちょっとしたひねりを加えています。もう1つの例に、「ソフトウェアは悪意ではなく善意をもって使用されるものとする」という条項を含むJSONライセンスがあります。Apache Foundationは、数年前にそのライセンスで許諾されているすべてのコードをプロジェクトから抹消しました。大半のオープンソース・コミュニティは、開発者が法律面で独創性を発揮するのはお勧めしていません。著作権者には好きなようにライセンスを作成する権利がありますが、あらゆる契約に適合する標準的なライセンスが多数存在します。

続きを読む

カテゴリ: おすすめ, セキュリティに関するニュースとリサーチ