ソフトウェア・インテグリティ

 

Black Duck Jira Cloud統合のご紹介

Black Duck Jira Cloud統合は、同様の模範的なBlack Duckソフトウェア・コンポジション製品に裏付けされた、柔軟でカスタマイズ可能なモデルに基づいています。

Black Duck Jira Cloud統合のご紹介

ソフトウェアの仕事に携わる人に「アジャイル」と言えば、すぐに分かるでしょう。かつてはウォーターフォールなどの手法によって存在感が薄かったアジャイルは、ソフトウェア開発ライフサイクルが市場のニーズに迅速に対応するための唯一の方法として、多くの企業にしっかりと定着しています。したがって、アジャイル・ツールのメーカーがこれまで以上にツールの柔軟性とカスタマイズ性を強化していることは当然です。

アジャイルが現在ソフトウェア開発の世界に与えている影響は非常に大きく、多くのマネージャーが、開発者の仕事のパフォーマンスを測定する際の重要な指標としてタスク達成度のアジャイルな追跡方法を採用しています。さらに、この手法が進化を続けるにつれ、Jira Serverなどの長年定着しているツールでさえ、最大限の自律性を実現できる最高度の柔軟性とカスタマイズ性を備えたシステムを求めているチームにとっては厄介なツールになってしまいました。このことを念頭に置いたAtlassianは、クラウドに切り替えたことによりチームの自律性が向上し、柔軟性とカスタマイズ性に優れ、同様の模範的なBlack Duck製品に支援されたモデルに焦点を当てるために、自然な形でBlack Duck Jira統合へと進化していきました。

Black Duck Jira Cloud統合とは

新しいBlack Duck Jira Cloud統合はユーザーに優れた柔軟性を提供します。高度にカスタマイズ可能なワークフロー、問題の種類、通知の設定、プロジェクトのマッピングをユーザーが構築できます。

Black Duck Jira Cloud統合

Black Duckの多くのユーザーは、Jiraを定期的に使用するうちに、プロジェクトごと、チームごと、部門ごと、さらには問題の種類ごとなど、Jira内のワークフローをはるかに細かいレベルでカスタマイズする必要性が高まっていると述べています。Jira Cloud統合の主な利点は、ユーザーがこれらのプロセスを完全に制御できること、およびプロセスをプロジェクトごと、あるいは問題の種類ごとに変えられることです。1つのチケットの解決を追跡するために、複数のワークフローで異なる種類の問題をサポートし、チームごとにJiraの異なるステータスを設定できます。そのため、この高度にカスタマイズ可能な統合では、お客様が事業を拡大したり、さまざまな部門にわたって複雑さが増してきたときには容易に拡張できます。

コンポーネントの脆弱性の発見されてから悪用されるまでの時間は、近年大幅に短縮しています。その結果、小規模で適応性の高い企業から大規模で複雑な企業に至るまで、あらゆる企業が見つかった潜在的なセキュリティ・リスクに迅速に対応する必要があります。Black DuckにJira Cloudを統合することにより、あらゆる企業は市場のニーズに迅速に適応しながら、バグ追跡プロセスを自社に適した方法で効率化することができます。

Black Duck DevOps統合の全容詳細はこちら