バックナンバーはこちら

today&tomorrow

Technology Update

2018 vol.111

書籍『Finding Your Way Through Formal Verification』のご案内

画像

フォーマル検証の入門書

『Finding Your Way Through Formal Verification』は、フォーマル検証に初めて足を踏み入れる方を対象にした入門書です。フォーマル検証に興味はあっても現在直面している検証課題に本当に役立つのか確証を持てないエンジニアの方、あるいはより大規模な検証目標の一部としてフォーマル検証を計画/管理されるマネージャーの方にお勧めします。

ご自身が実際にツールを使ってフォーマル検証を行うわけではないとしても、ツールへの理解なしには効果的な管理は望めません。検証計画を立てる際には、フォーマル検証がどのような用途に適しているのか、フォーマル検証の実施にはどのような知識と工数が必要なのか(ほとんどの検証手法がそうであるように、フォーマル検証もワンタッチで全自動とはいきません)、そしてフォーマル検証チームから報告を受けた際に効果とカバレッジをどのように評価するのかといった点を理解しておく必要があります。

本書の執筆陣はいずれも実務の現場でフォーマル検証を活用している専門家ばかりで、フォーマル検証の動作原理と適用範囲、そして全体的な検証目標の中でフォーマル検証を管理する方法について基礎から丁寧に解説しています。

PDF形式のeBook(全文収録、英語版)は無償でダウンロード可能です。印刷書籍(英語版)はAmazonでご購入いただけます(ISBN-13: 978-1986274111)。

eBookのダウンロード

著者紹介

Bernard Murphy(SemiWiki)
パートタイム・ブロガーとしてSemiWikiに寄稿。Mother Lode Wildlife Care(カリフォルニア州ゴールドカントリー地区の野生生物保護団体)の委員活動を「生涯最高の楽しみ」と自認。以前はAtrenta社でCTOを務めた他、Cadence社、National Semiconductor社、Fairchild社、Harris Semiconductor社でテクニカル・コントリビューター、マネージメント、セールス、マーケティング職を歴任。ライター転身後、SemiWikiとEETimesだけで300件を超えるブログ・エントリを投稿。近著に『SoC Emulation: Bursting into its prime』(Mentor Graphics社との共著)。オックスフォード大学にて物理学の学士号と原子物理学の博士号を取得。

Manish Pandey(シノプシス)
シノプシス・フェロー、カーネギーメロン大学非常勤教授。カーネギーメロン大学にて計算機科学の博士号、およびインド工科大学カラグプル校にて計算機科学の学士号を取得。現在はシノプシスでフォーマル/スタティック技術、およびマシン・ラーニングに関するR&Dチームを指揮。以前はVerplex社およびCadence社に勤務し、現在業界で広く使われているスタティック/フォーマル検証技術の開発リーダーを務める。「IEEE Transactions on Computer-Aided Design of Integrated Circuits and Systems」のOutstanding Young Author Award(優秀若手執筆者賞)を受賞。特許および査読論文は24件以上。

Sean Safarpour(シノプシス)
シノプシス、アプリケーション・エンジニアリング担当ディレクタ。VC Formal、HECTOR、アサーションIPなどの製品の開発と導入をサポートする専門チームを率いる。顧客およびR&Dと緊密に協力して顧客の検証課題の解決、および次世代フォーマル・アプリケーションの定義と実現に取り組む。シノプシス入社以前はAtrenta社でR&D担当ディレクタとして新技術の研究開発に注力した他、フォーマル手法による自動RCA(根本原因解析)を専門とするスタートアップ企業のVennsa Technologies社でエンジニアリング担当VP兼CTOとして活躍。トロント大学にて博士号を取得(論文名「Formal Methods in Automated Design Debugging」)。

カテゴリートップ