バックナンバーはこちら

today&tomorrow

What's New in DesignWare IP?

2018 vol.110

ARC HS Development Kit

特長

  • すべてのARC HS3xプロセッサを1つのプラットフォームでサポート
  • シングルコア/デュアルコア/クワッドコア構成
  • Ethernet 10/100/1000、USB 2.0
  • 世界各国の認証(FCC、IC、CE、ETSI、TELEC)取得済みWiFi/Bluetoothモジュール搭載
  • U-Boot(ブートローダ)、ARC Linux、embARC Open Software Platform(OSP)を含む無償ソフトウェア
  • JTAGデバッグとリアルタイム・トレースをサポートした包括的なデバッグ機能
  • Arduino、Pmod(x3)、mikroBUSコネクタによるカスタマイズが可能
  • HapsTrak3拡張コネクタと高速AXIトンネルを利用した拡張によりシステム・プロトタイピングをサポート

ターゲット・アプリケーション

  • ルータ
  • ゲートウェイ
  • ストレージ/SSD

概要

DesignWare® ARC® HS Development Kitは、ARC HS3xプロセッサ・ファミリ上でソフトウェア開発を短期間で完了できる使い易い開発プラットフォームです。このキットはシングルコアおよびマルチコアのARC HS34、HS36、HS38プロセッサをサポートし、Ethernet、WiFi、Bluetooth、USB、SDIO、I2C、SPI、UART、I2S、ADC、PWM、GPIOなど多岐にわたるインターフェイスを提供します。この他、Vivante社GPUもARCベース・チップに内蔵しています。この包括的なハードウェア・プラットフォームを利用することで、複雑なソフトウェアのビルドとデバッグが可能になります。

画像

図1:ARC HS Development Kitのハードウェア

図1に示す開発ボードには、1 GHz動作のARC Development System SoCを実装しています。このキットは、ベアメタル・ドライバー、RTOS、完全なLinuxディストリビューションなど幅広いオープンソース・ソフトウェアでサポートされています。LinuxディストリビューションはBuildrootおよびYoctoでビルドできます。embARC Open Software Platform(OSP)には、IoTおよび組込みアプリケーション全般をターゲットにしたARC HS Development Kit向けドライバ、FreeRTOS、ミドルウェアが含まれます。ツールチェーンは、ARCプロセッサ向けGNUツールチェーンおよびMetaWare Development Toolkitを利用できます。これらのオープンソース・ソフトウェアはすべてembARC.orgウェブサイトで入手できます。MetaWare Development Toolkitはシノプシスの商用ツールです。

デバッグおよびトレースは、2つのデバッグ・ヘッダのいずれか1つにJTAGデバッグ・プローブを接続して行えます。標準USBケーブルを使用したデバッグも可能です。また、ARC Real-Time Trace(RTT)もサポートされています。

画像

図2:ARC HS Development Kitのブロック図

カテゴリートップ