バックナンバーはこちら

today&tomorrow

Technology Update

2017 Aug Summer vol.107

ラピッド・プロトタイピングの鍵を握る適応性

シノプシス インターフェイスIP/IP Prototyping Kit担当シニアASICデジタル・デザイン・エンジニア Antonio Salazar

Prototyping Newsletter購読のお申し込みはこちら

画像(仮)

図1:複数のIP Prototyping Kitで1つのシステムを構成

複数のプロトタイピング・システムを相互接続する際、設計者はハードウェア・コンフィギュレーションに関していくつかの課題を検討する必要があります。図2では、HAPS-DXシステム上の「サテライト」構成のIP Prototyping Kitをより大規模なHAPS-80システムに接続しています。これらのシステムを接続する際の検討事項としては、ピン・マッピング、クロッキング、割り込み割り当てなどがあります。IP Prototyping Kitには、ARC®ソフトウェア開発プラットフォーム(SDP)、および複数のHAPSシステム間でAXIバス・コネクティビティをシームレスに延長するAXIトンネル・モジュールを含めることもできます。AXIトンネルを使用すると、2つの割り込みラインをデイジーチェーン接続してARC SDPまで接続できます。割り込みラインが2つでは足りない場合は、DesignWare Interrupt Controllerコアを使用できます。

画像(仮)

図2:IP Prototyping Kitのサテライト構成

サテライト構成では、ビデオ信号フォーマットの互換性も問題になります。たとえばMIPI CSI-2 IP Prototyping Kitに標準で付属する市販カメラは、出力がRAWビデオ・フォーマットです。このビデオ・フォーマットはCTA(Consumer Technology Association。以前のCEA(Consumer Electronics Association)規格)には含まれないため、HDMI TX IPとの互換性がありません。この互換性の問題を解決するために、フォーマット変換用の簡単なビデオ・ブリッジを追加します。

すべてのIPを相互接続する前に、2つのシステムだけを切り離してテストして、インターオペラビリティを検証できます。このときに便利なのが、2つのIP Prototyping Kitを直接接続する「Kit-2-Kit」構成です(図3)。

カテゴリートップ