バックナンバーはこちら

today&tomorrow

Technology Update

2017 Aug Summer vol.107

マルチFPGA環境で信号の同期分配を自動化するHAPS ProtoCompiler

著者:シノプシス HAPSプロトタイピング・ソリューション Christoph Kuznik、Rutger Carlsson

Prototyping Newsletter購読のお申し込みはこちら

その他の考慮事項

リセット負荷の前段にIBUFGプリミティブやロジック・インバータなどのカスタム組み合わせ回路が存在する場合、実際のリセット負荷に接続しているネットにのみreset_synchronizeを使用してください。一般に、このコマンドには、利用可能でロックされていないFPGAに割り当てられる可能性のあるすべての負荷を実際に駆動しているネットを必ず指定するようにしてください。

また、reset_synchronizeではクロック・ドメインごとに異なるネットを指定する必要があります。

まとめ

本稿では、HAPS ProtoCompilerに先ごろ追加されたPCFコマンドreset_synchronizeを使用して複数のFPGAへの信号の同期分配を自動化する方法についてご説明しました。HAPS ProtoCompilerのこのフローを使用すると、適切なグローバル・リセット方式のインプリメンテーションを簡単に生成でき、デザインの予測不能な動作を引き起こす要因の1つを取り除くことができます。特にこのコマンドをリセット信号の同期に使用すると、リセットの解放をそのクロック・ドメイン内のスタティック・タイミング解析(STA)で扱えるようになります。しかも、信号分配の前にシンクロナイザを挿入することにより、元のネットでメタスタビリティの問題を効果的に解消できる利点もあります。

カテゴリートップ