バックナンバーはこちら

today&tomorrow

Technology Update

2017 Aug Summer vol.107

自動車機能安全検証の課題

シノプシス ベリフィケーション・グループ、自動車機能安全ソリューション・テクノロジ担当スタッフ・エンジニア Brian Davenport

シノプシス ベリフィケーション・ソリューション担当シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー Prapanna Tiwari

シノプシス ベリフィケーション・グループ シミュレーション/カバレッジ/自動車機能安全検証製品担当プロダクト・マーケティング・ディレクター David Hsu

シノプシスの自動車安全検証ソリューション

シノプシスの包括的な検証プラットフォーム(図5)は、車載SoCおよびIPの厳格な機能安全検証要件を満たす完全なソリューションを提供します。先に述べたように、デザインの不具合によって生じるシステマティック故障を検出および修正する作業は、先進の機能検証ソリューションが基盤となります。シノプシスのシミュレータ VCS、テストベンチ品質解析ソリューション Certitude、カバレッジ/プランニング/デバッグ・ソリューション Verdiを組み合わせた車載向け機能検証はSGS-TüV SaarによるASIL D認証を受けており、業界で実証されています。これらの製品に加え、シノプシスの業界をリードする故障シミュレーション・ソリューション Z01Xは、車載SoCおよびIPがISO 26262 ASIL CおよびDに適合するための重要な要件である、ランダム故障を検出および管理する安全メカニズムを評価するツールとして最も高い速度と容量を備えています。

画像(仮)

図5:シノプシスの車載向け安全/機能検証ソリューション(*印は計画中)

Verdiを使用して検証プランニング/カバレッジを実行すると、サードパーティ製の要件管理システムに接続して特定のサブブロックの個々の機能および検証テスト・ケースまで追跡とトレースが可能です。また、Verdiではユーザーが独自に安全中心のメトリックを作成し、これを機能およびデザインのすべての階層にまたがってトレースできます。これらは、すべてのデバッグ・ビューで機能検証プランニングおよびカバレッジ・メトリックとマージできます。

シノプシスのCertitudeはRTL故障モデリング/注入ソリューションとして業界で実証済みで、業界をリードするシミュレーション・ソリューション VCSとネイティブに統合されています。Certitudeではテストベンチまたはデザインの回路がシステマティック故障または挿入したバグを検出して対処できるかどうかについて詳細な情報が得られ、診断カバレッジなどの主要なメトリックの計算、およびこれらメカニズムの検証方法の文書化も行えます。

機能安全故障シミュレーション・ソリューションのZ01Xは業界で最もユーザー数の多い故障シミュレータで、ASILの最も高い故障カバレッジ要件への適合を証明できます。Z01Xは市場で最も高性能で大容量の故障シミュレータで、最も大規模かつ複雑な車載SoCであっても短TAT化を達成できます。

CertitudeとZ01Xは協調して動作し、RTLからゲート・レベルまで車載向け安全検証フロー全体をサポートします。

シノプシスの検証フローでもう1つの重要な要素となるのが、エミュレータ ZeBuです。ZeBuでは、機能安全検証を2つの方法で実行できます。1つは実際のハードウェアでデザインを動作させてテストする方法で、もう1つはソフトウェアの早期ブリングアップに使用する方法です。

事実、機能安全管理の大部分はソフトウェアで実行します。イメージ処理、脅威の検出と優先付け、リスク軽減、複数コンポーネント間の冗長管理、各種診断機能などではソフトウェアが重要な役割を果たします。ソフトウェアでインプリメントした機能安全管理プロトコルを、実際のデザインと連携させて検証と妥当性確認を実行できる方法はエミュレーション以外にありません。エミュレーションなしでは、いくらハードウェアに対して機能安全管理検証を完全に実行しても、最終的に自動車に搭載した状態でソリューション全体が正しく動作する保証はありません。エミュレーションを行うと、ハードウェアで発生しうる故障に対するソフトウェアの応答を設計プロセスの早期段階でテストできます。

カテゴリートップ