Program プログラム

Low Power/Signoff/TestMAX

英語セッションには日本語同時通訳があります
  •  
  • Implementation
  • Low Power/Signoff/TestMAX
  • Automotive
  • IP
  • Verification  Continuum
  • VC (FPGA & Prototyping)
  • Custom Design &  AMS
  • Software, Security,  Quality
08:30
受付開始
ぜひお早めにご来場ください
8:30〜9:00 コンチネンタル・ブレックファーストをご用意してお待ち申し上げております。
09:2010:30
開会のご挨拶
日本シノプシス合同会社
社長 藤井 公雄
アドバイザリー委員長ご挨拶
コニカミノルタ株式会社
IoTサービスPF開発統括部 エッジコントローラ開発部 部長 村上 昌弘 氏
K-1
speaker

情熱と実行力で起こすイノベーション ~なぜ今、空飛ぶクルマなのか~

NFT Inc.

CoFounder & CEO
カプリンスキー 真紀 氏

イノベーションを起こすことは難しいのでしょうか?社会のためになる技術を生み出したい、この社会問題を解決したい、そんな思いを抱いたら、あなたはどうしますか?
常識や既存のコンセプトにとらわれず、国境を越えた問題提起とイノベーション開発を実現するために必要なのは、情熱をすぐに行動へ移し、多くの失敗から学びながら実行し続けることです。新たな破壊的イノベーションは、今の物事のあり方を変えるということ、メインストリームと異なる考えを提示することにより生まれます。
失敗を恐れ行動に移さないこと自体が、長期的には最大の失敗になります。日本人女性起業家として、リスクや批判にひるまず、常に新しい領域で挑戦し続ける意義を議論したいと思います。この講演では、陸空両用の空飛ぶクルマ、自律飛行Sense & Avoid テクノロジー開発を通し、UAM(Urban Air Mobility)のメインストリームとは異なる観点から、交通渋滞、無駄な通勤時間、大都市への人口集中による生活の質の低下という社会問題を解決するためのソリューションとビジョンをご提示します。

【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Automotive!
10:4011:40
K-2
speaker

新しいオートモーティブ・アーキテクチャを!あなたの手で!

Synopsys, Inc.
Automotive
Vice President  Dr. Burkhard Huhnke

本セッションでは、現在そして次世代のADASビジョン・アプリケーションに求められる要件を概観し、旧式のビジョン並びにディープラーニング・ベース・アプリケーションを低消費電力でパフォーマンス拡張性の高いエンベデッド・プロセッシング・プラットフォームに高性能マッピングするためのソリューションについて議論します。また、オートモーティブ・アプリケーションに不可欠なASIL B~D対応のローコスト・ソリューションもご紹介します。
エンベデッド・ビジョン・プロセッサを実現するディープラーニング・テクニックを実装することにより、自動車は周囲の状況を“認識する”ことが可能となります。エンベデッド・ビジョン・ソリューションこそが、自動車を真に“自動”化するためのキー・イネーブラーなのです。多数のカメラやイメージ・センサーなど一連の“目”を自動車に組み込むのは最初のステップです。しかし肝心なのは、自動車に搭載されるプロセッサが、それらの“目”がとらえたイメージ情報を瞬時に解釈し対処できなければならないということなのです。そのためには、ADASレベルの性能要件を達成すべくハードウェア最適化が施されたエンベデッド・ビジョン・プロセッサが不可欠となります。

【関連する製品】Synopsys Automotive Consulting, ADAS SOC Design, Virtual Development

【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Automotive!
11:5512:35
LP-1

Simulationで検証したことがImplementationできていますか?

株式会社ソシオネクスト
LSI開発統括部 先行技術開発部
課長代理 疋田 真大 様

LSIの一部の回路を電源遮断する場合、電源遮断による不定信号の周辺回路への伝搬を防止するため、Isolationセルを実装します。IsolationセルはRTLに記述せず、電源仕様フォーマットUPFに定義し、Simulation時はUPFを基にSimulatorによって仮想挿入されます。一方、IsolationセルはImplementationツールによって実装されます。近年、電源仕様および設計手法が非常に複雑になってきているため、Simulationで検証した論理と実装した論理が本当に論理等価であるか、という懸念が高まってきました。そこでシノプシス社とともにこの論理等価を保証する設計手法をシノプシス社のSimulatorであるVCS NLPを用いて実現しました。本セッションではその適用事例とメリットをご紹介します。

【関連する製品】VCS NLP, Formality, IC Compiler II

【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】
12:4014:00
SO-1
speaker

PrimeTime SIG : Beyond STA – パラメトリック歩留まり解析で飛躍するサインオフ
〜車載など高信頼性デバイスへの対応

パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部
主任技師 石橋 典子 様

ルネサス エレクトロニクス株式会社
IoT・インフラ事業本部 共通EDA技術開発統括部
デジタル設計技術部 タイミング設計技術課
主任技師 淺野 浩三 様

ソニーLSI デザイン株式会社
第3 技術部門 バックエンドデザイン部 8課
統括課長 山崎 豊 様

Synopsys, Inc.
Design Group
R&D Director James Ng

先端ノードにおける新しい設計動向やマルチ・フィジックス効果は、設計の歩留まりに新たな課題をもたらし、スタティック解析を超えた設計サインオフ手法の導入へと駆り立てています。特に、車載用のデザインに要求される高い信頼性は、設計のサインオフに対し、より一層の検証範囲拡大と複雑さを要求します。そこで本パネルでは、まずシノプシスのPrimeYieldがマシンラーニング加速型統計的歩留まり解析技術を使って、今後のサインオフをどのように構築していくのかをご紹介します。その後、業界を代表して、パナソニック様にPrimeYieldのご評価結果をご発表頂くと共に、ルネサス様、ソニー様をお招きしたパネルセッションを通じ、車載などの特殊なデザインで高信頼性を保つために必要なサインオフ固有の課題を議論します。是非この機会に、サインオフの未来をご一緒に考えてみませんか?奮ってのご参加をお待ちしております!

【関連する製品】PrimeTime Suite, PrimeYield

【セッション】 パネルセッション/ユーザートークセッション
【カテゴリ】 New!・Automotive!
14:1014:50
SO-2

SMVA GBAの適用によるPrimeTime SignOff TATの削減

株式会社ソシオネクスト
テクノロジ統括部 第二設計技術部
岡田 みゆき 様

近年SoCに対する消費電力削減の要求はますます高くなり、多くのSoCで多電源設計を適用するようになってきました。それに伴い複数電圧構成を網羅するSTAシナリオの増加や設計工数の増大が課題となっています。
ソシオネクストでは、複数電圧条件を考慮したタイミング解析を実現するSMVAの機能拡張をシノプシス社と協働し進めてきました。本セッションでは機能拡張したSMVA GBAの適用による効果と事例をご紹介します。

【関連する製品】PrimeTime SI

【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】
14:5015:20 Coffee Break - コーヒーブレイク
15:2016:00
SO-3

IC Validatorオーバービュー/活用事例

IC Validator インプリから検証までの活用法
~ADAS chipテープアウト事例と、新機能への取り組み紹介~

東芝デバイス&ストレージ株式会社

システムデバイス事業部 デジタル開発第二部 デジタルインプリメンテーション第二担当
参事 面谷 圭二 様

東芝では、車載、通信、ストレージ、コンシューマと多様なSoC製品を開発しています。近年の高機能化、低消費電力化要求を背景に、先端プロセスへのシフトが進んでおり、デザイン・ルールの複雑化とそれに対するツールへの要求/期待が高まっています。
IC Validatorに関しては、2009年よりIn-Design機能の活用を開始、サインオフ検証においても社内推奨ツールとして採用し一般展開を進めています。その中で、IC Validatorの効果的活用法を東芝独自に構築し、物理検証/インプリ設計双方の効率改善を達成しました。
本発表では、先端ADASチップのテープアウト事例をご紹介します。加えて、多電源製品のERC/ESD解析需要増に対応するためのIC Validator PERCや、設計初期段階のDRC解析/デバッグに有効なIC Validator Explorerといった新機能への取り組みをご紹介します。

【関連する製品】IC Validator


最新IC Validatorテクノロジで、フィジカル・サインオフ検証期間を短縮!

Synopsys, Inc.
Design Group
Application Engineering 
Sr. Manager Alex Hsieh

デザインフロー全体におけるフィジカル検証の生産性向上は、エンジニアにとってますます重要な課題になっています。このセッションではIC Validatorの最新テクノロジを適用することにより、その課題をどのように克服できるかについてご紹介します。
SoC インテグレーションのフェーズでは、革新的な Explorer DRC を用いて短時間でデザインのウィークポイントを的確に検出し、サインオフのフェーズでは、無駄なく柔軟かつ効率的なCPUリソース・スケジューリングによる大規模並列分散処理で高度な拡張性を実現し、フルチップのフィジカル検証サインオフを後押しします。
新しい IC Validator 機能を使ってクリティカルな課題を克服しましょう。

【関連する製品】IC Validator

【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】
16:1017:40
TEST-1

テスト設計の概念を覆す!DFTのシフトレフト
~テスト統合ソリューションTestMAXファミリーがもたらすブレークスルー

Synopsys, Inc.

Design Group
Marketing 
Sr. Director Steve Pateras

テスト設計(DFT)の複雑さが激増し続け、配置配線後検証がボトルネックとなり、設計スケジュールが危険にさらされています。 迫りくるクリティカルなテストの問題に対処でき、テスト性に対する要求がさらに高度になる将来のアプリケーションにも対応できるゲームチェンジングなソリューションなくしては、生き残ることはできません。正しい機能を保証するためには、圧縮ロジック、Logic BIST、Memory BIST、コアラッパー、アクセスポート、複数のテストモードなどの動作を検証する必要があります。本チュートリアルでは、フローの初期段階でDFT検証を高速化するためのシノプシスの最新テスト機能の概要と、TestMAX Manager、TestMAX XLBIST、TestMAX SMS、およびTestMAX FuSaを含む新しいTesTMAXファミリ製品のアップデートについて、具体的なデモも交えてご説明します。

【関連する製品】TestMAX Manager, TestMAX XLBIST, TestMAX SMS, TestMAX FuSa

【セッション】 シノプシス技術セッション
【カテゴリ】 Automotive!・New!・Platform!
18:0019:30

NETWORKING PARTY - ネットワーキング・パーティー

今年のネットワーキング・パーティーは一味違う!
トラック別に配置したテーブルコーナー<SNUG Meet & Chat!>に講演者が勢揃い!
第一線でご活躍中のエンジニアの方々とMeetしてChatをお楽しみください!

講演者とエンジニアリング談議で盛り上がるもよし!
エンジニア同士、会社の垣根を越えてオトモダチになるもよし!
これだけの会社の皆様がそろうのは滅多にない!単なる飲み会じゃもったいない!

毎年恒例、パートナー企業によるスポンサー展示、大好評の抽選会もお楽しみに!
パーティーを盛り上げるMCは、アノ2人。
笑いあり、感動あり、お寿司ありのSNUGネットワーキング・パーティーに是非!

※プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。