Program プログラム

Verification Continuum

英語セッションには日本語同時通訳があります
  •  
  • Implementation
  • Timing Signoff
  • Automotive Quality,Functional Safety,Manufacturing Test
  • Verification Continuum
  • Verification Continuum (FPGA & Prototyping)
  • Custom Design & AMS
  • Software,Security,Quality
08:30
受付開始
ぜひお早めにご来場ください
8:30〜9:00 コンチネンタル・ブレックファーストをご用意してお待ち申し上げております。
09:2009:30
開会のご挨拶
日本シノプシス合同会社
社長 藤井 公雄
アドバイザリー委員長ご挨拶
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部
基盤技術開発部長 兼 EDAテクノロジーオーナー 柴山 晃徳 氏
09:3010:50
K-1
最先端設計 / 検証技術について

シノプシス Fusionプラットフォームが実現する最高の結果品質と開発期間短縮

車載、AI、5G通信、仮想/拡張現実などのアプリケーションの進展に伴い半導体業界の様相は変わりつつあります。Design Fusion、ECO Fusion、Signoff Fusionからなるシノプシスの新しい設計プラットフォーム技術をご活用いただくことにより、先進の製品開発に携わる企業各社では、最短の開発期間で最高の結果品質を達成することが可能となります。本セッションでは、これらのテクノロジが達成した結果例をデザインデータを元にご紹介しつつ、この新しいプラットフォーム技術によって実現できる想定以上の成果についてご説明します。
Synopsys, Inc.
Design Group
Sr. Director of Marketing Sanjay Bali

総合的な開発効率、品質、コスト削減を向上させるマシン・ラーニング・ベース検証

全体的な開発効率の向上や開発期間目標達成に直結する2つのキーファクターは、問題点の特定/診断/適切なチームへの対処依頼/修正/更新というトリアージ・サイクルでバグや欠陥を取り除いていけるかどうか、開発フロー全体を通して収集されるデータを予測することができるかどうかという点です。検証にマシン・ラーニングを活用することによって、製品品質の向上、結果予見性、TAT、そしてコストの面で大きな成果があり、開発効率全体を大幅に向上させるという目標達成に大きな成果がありました。シノプシス社内やお客様で実施したケース・スタディを交えてご紹介します。
Synopsys, Inc.
Verification Group
Group Director, R&D Arun Venkatachar
【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Machine Learning/AI関連
11:0511:45
VC-1
検証生産性を最大化するエミュレーション環境の垂直立ち上げ戦略
富士ゼロックス株式会社
ソフトウェア開発本部 コントローラプラットフォーム第1開発部
橋本 貴之 様
エミュレーション導入による検証高速化の効果は理解していても、導入および活用に必要な知見や経験を得る機会がこれまでなかったために、導入へなかなか踏み切れない検証エンジニアの方も多いかと思います。本発表では、既存資産であるDPI-Cシミュレーション環境のエミュレーション・フローへの移植作業における富士ゼロックスとシノプシス社の協働の進め方をご紹介し、その際における富士ゼロックス側工数や作業期間、移植作業で必要に感じたことなどをご説明します。また、ハイブリッド・エミュレーション環境の構築および運用についても並行で進んでおり、その背景と、DPI-C加速エミュレーション環境からハイブリッド・エミュレーションへのシームレスな移行を達成するためのノウハウの一端もご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【製品】 ZeBu
11:5512:35
VC-2
大規模SoC検証を加速! 先進HWエミュレーションの活用方法
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部 デジタル設計インフラ課
大西 心 様
日本シノプシス合同会社
技術本部 ベリフィケーション・グループ
松本 光寛
ハードウェア・エミュレーションは、シミュレータの速度では困難なシステム検証、故障注入検証、およびシステムレベルでの消費電力見積もりなどに活用可能です。年々大規模・複雑化するSoC開発において、エミュレーションの更なる高速化が求められています。本セッションでは、更なる高速化へ向けた先進のHWエミュレーションの活用方法をご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【製品】 ZeBu
12:3513:20
Lunch
お弁当をご用意いたします
13:2014:00
VC-3
検証改善行き詰まりの突破口にVerification Survey Method
東芝デバイス&ストレージ株式会社
設計技術開発部 設計技術開発企画担当
グループ長 太田 博 様
日本シノプシス合同会社
技術本部 ベリフィケーション・グループ
黒坂 均
昨年に開催して好評を得ましたベリフィケーション・セミナーにて、最も注目を集めた講演「ベンチマークのひみつ」の“ひみつ”の手法を全てのユーザー様を対象に「安く(ただ)、早く(アンケートは1時間以下)、楽しく(結果がビジュアル)」を生かしたVerification Survey Methodとして展開を始める運びとなりました。フロントエンド設計検証工程の改善への“きっかけ”を作るメソッド、その肝となるトップクラスとのベンチマーク方法をご紹介するとともに、実施効果については東芝デバイス&ストレージ様から直接ご説明いただきます。本メソッドは、日本シノプシスが業界貢献を目指して展開するサービスです。多くのユーザー様に参加いただくことによりデータの精度が高まり育っていきます。皆さまの参加をお待ちしています。
【セッション】 顧客事例セッション
14:1014:50
VC-4
ISO 26262対応SoC開発の品質および開発期間の改善について
ベリフィケーションテクノロジー株式会社
事業戦略室
CSO 浜谷 敏行 様
自動運転などの自動車の高度化により急激にカーエレクトロニクス化が進んでおり、合わせて機能安全規格”ISO 26262”に非対応だった製品の対応化、また新規参入する企業も増え、機能安全に対応したLSI開発のニーズが増加しています。あわせて開発対象のSoC自体の大規模化・高機能化が進んでおり、品質確保および開発納期厳守の両立が困難な中、新たにセーフティ・メカニズム機能を追加することによって、更なる品質劣化と開発期間遅延の要因となっています。機能安全設計・検証業務の特殊性を汎用化することによる品質向上と、シノプシスの機能安全ソリューションを併用することによる効率向上の事例をご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 Verdi Verification Planner、VCS、Certitude、Z01X
15:1016:10
K-3
コンピュータによる多様性 撤退から成長へ
メディアアーティスト
落合 陽一 氏
今の日本の社会変化は二極化しています。都市化による中央集権型と過疎化高齢化による非中央集権型の入り交ざった状態です。この社会変容をポジティブに捉えることができれば、日本は課題先進国から課題解決先進国へと移行することができるのは自明ですが、今までポジティブなビジョンを示すことは難しいことでした。この講演では、コンピュータ設計による製造の多様化、ソフトウェア・デザインによるインタラクションの重層化、ブロックチェーンによる分散化などを含め、一時的な撤退戦を戦略的に攻略し、それを対外戦略に結びつけていくようないくつかのアイデアの集合体を示し、議論し、クリエイティブな創発につながるようなマインドセットをご提示します。
【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Machine Learning/AI関連
16:1016:35 Coffee Break - コーヒーブレイク
16:3517:15
VC-5
HDMI 2.1-IP開発におけるVIP適用事例紹介
株式会社ソシオネクスト
ビジュアルソリューション事業部 アナログコア開発部
課長 中平 博幸 様
ソシオネクストは、High Definition Multimedia Interface(HDMI) 2.1規格に準拠した受信/送信機能を実装するHDMI 2.1-TX/RX-IPを開発しました。最新規格への準拠と相互接続を保証するためには、あいまいな規格書記述の意図するところを正しく理解することはもとより、第三者との接続検証を実施することが重要になります。今回、業界最新のHDMI 2.1規格をサポートしているシノプシスのHDMI 2.1-VIPを導入し、当社IPの対向デバイスとして定義することで相互接続検証を実施しました。これにより、当社HDMI 2.1-TX/RX-IPの規格準拠と相互接続性能を確認するとともに、シリコン検証前に確認を行うことで開発TATの短縮と検証効率の向上を実現しました。本報告では、このHDMI 2.1-TX/RX-IP開発における、HDMI 2.1-VIPによる検証適用事例をご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 IP関連
【製品】 VC Verification IP
17:2518:05
VC-6
CertitudeでのIP検証品質確認事例
ルネサス エレクトロニクス株式会社
ブロードベースドソリューション事業本部 共通技術開発第二統括部
主任技師 赤坂 元雄 様
ブロードベースドソリューション事業本部 共通技術開発第二統括部
技師 岡田 剛 様
車載品質を満たす製品開発を行うために、IP検証段階で故障を発見できる検証環境の品質確認が重要になっています。Certitudeでは、検証環境が潜在的な故障をどの程度活性化し検出する事ができるかについて詳細な情報を得る事が可能で、検証環境での検証漏れの箇所を特定できるツールです。本セッションでは、Certitudeを適用した検証環境品質確認の事例をご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 IP関連、Automotive関連
【製品】 Certitude