Program プログラム

Automotive Quality / Manufacturing Test

英語セッションには日本語同時通訳があります
  •  
  • Implementation
  • Timing Signoff
  • Automotive Quality,Functional Safety,Manufacturing Test
  • Verification Continuum
  • Verification Continuum (FPGA & Prototyping)
  • Custom Design & AMS
  • Software,Security,Quality
08:30
受付開始
ぜひお早めにご来場ください
8:30〜9:00 コンチネンタル・ブレックファーストをご用意してお待ち申し上げております。
09:2009:30
開会のご挨拶
日本シノプシス合同会社
社長 藤井 公雄
アドバイザリー委員長ご挨拶
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部
基盤技術開発部長 兼 EDAテクノロジーオーナー 柴山 晃徳 氏
09:3010:50
K-1
最先端設計 / 検証技術について

シノプシス Fusionプラットフォームが実現する最高の結果品質と開発期間短縮

車載、AI、5G通信、仮想/拡張現実などのアプリケーションの進展に伴い半導体業界の様相は変わりつつあります。Design Fusion、ECO Fusion、Signoff Fusionからなるシノプシスの新しい設計プラットフォーム技術をご活用いただくことにより、先進の製品開発に携わる企業各社では、最短の開発期間で最高の結果品質を達成することが可能となります。本セッションでは、これらのテクノロジが達成した結果例をデザインデータを元にご紹介しつつ、この新しいプラットフォーム技術によって実現できる想定以上の成果についてご説明します。
Synopsys, Inc.
Design Group
Sr. Director of Marketing Sanjay Bali

総合的な開発効率、品質、コスト削減を向上させるマシン・ラーニング・ベース検証

全体的な開発効率の向上や開発期間目標達成に直結する2つのキーファクターは、問題点の特定/診断/適切なチームへの対処依頼/修正/更新というトリアージ・サイクルでバグや欠陥を取り除いていけるかどうか、開発フロー全体を通して収集されるデータを予測することができるかどうかという点です。検証にマシン・ラーニングを活用することによって、製品品質の向上、結果予見性、TAT、そしてコストの面で大きな成果があり、開発効率全体を大幅に向上させるという目標達成に大きな成果がありました。シノプシス社内やお客様で実施したケース・スタディを交えてご紹介します。
Synopsys, Inc.
Verification Group
Group Director, R&D Arun Venkatachar
【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Machine Learning/AI関連
11:0511:45
AT-1
機能安全規格ISO 26262準拠へ向けたフォルト注入検証の取り組み
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部 アナログ設計インフラ課
主任技師 楢原 英俊 様
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部 デジタル設計インフラ課
村上 太造 様
自動車の機能安全国際規格ISO 26262に準拠した開発では、製品の安全性要求レベル(ASIL)を確保するため、安全機構を実装し、機能的に安全である事をフォルト注入により検証しなくてはなりません。
本セッションでは、デジタル、アナログ、ソフトウエアを含むシステム全体でのフォルト注入検証の取り組みをご紹介します。
デジタル分野では、現状想定されている課題とその方策について、アナログ・システム分野では取り組みのコンセプトについてご紹介します。
これらの取り組みにより、ソフトウエアを含むシステム全体でのフォルト検出・対策を含めた動作検証が可能となり、製品のISO 26262準拠性を高める事が可能となります。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 ZeBu、Z01X、CustomSim
11:5512:35
AT-2
アナログ回路でのISO 26262を視野に ~アナログ故障シミュレーション
Synopsys, Inc.
Design Group
Director Marketing Geoffrey Ying
デジタル設計では、シノプシスのZ01XやTetraMAX Ⅱなどのソリューションにより高い精度での故障検出が可能ですが、近年、要求が高まりつつあるトランジスタレベルのアナログ故障シミュレーションについてシノプシスの取り組みをご紹介します。アナログ故障検出率レポートを得るために必要な故障モデリング、リダクション、故障挿入手法などを解り易くご説明します。
【セッション】 シノプシス技術セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 CustomSim
12:3513:20
Lunch
お弁当をご用意いたします
13:2014:00
AT-3
複雑かつ大規模なSoCにISO 26262を適用する手法
NVIDIA Corporation
Hardware and Systems Safety Engineering
Senior Engineering Manager of Functional Safety Tools Development
Kevin Rich 様
複雑なデバイスへのISO 26262の適用は、機能安全ツールにとっては前例のない課題です。自動運転をターゲットとするNVIDIAの最先端SoCは、目も眩むほど多様な内製またはサードパーティのIP/ユニットで構成されています。さらに、様々なIP再利用戦略がデザイン階層全体に適用されているため複雑性が増加します。こうした100以上のユニットに対して故障モード解析を実行するには、必然的に各ユニットの専門知識を持つ数百人もの技術者に解析作業を分散し、次にこれらの分析を組み合わせて一貫したSoCレベルのFMEDAを作成する必要があります。このセッションでは、この工程のより困難な側面を考察し、NVIDIAとシノプシスのコラボレーションを通じて開発されたFMEDAツール VC Functional Safety Managerを用いて、どのようにその問題に取り組んだかについてご説明します。さらに、数十人のユーザーを同時にサポートする統合されたFMEAとFMEDAの開発フローについて、集中化されたデータベースを活用する多くの利点を含めてご説明します。また、故障注入との統合を含むFMEAからFMEDAへのスムースなパスを可能とする洗練された機能の詳細もご説明します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 VC Functional Safety Manager、Z01X
14:1014:50
AT-4
運用方法で決まる、Verdi Verification Plannerを活用した検証品質向上への取り組み
ルネサス エレクトロニクス株式会社
ブロードベースドソリューション事業本部 共通技術開発第二統括部 デザインメソドロジ部 機能検証技術課
技師 増田 雅由 様
検証業務の多拠点による取り組みが進むにつれ、検証者による作業品質のばらつきや人的ミス混入のリスクは大きくなっています。そのような中、求められる品質確保と納期厳守のために、検証マネジメント(計画、進捗管理、レポート等)には大きな手間と労力を必要としています。
昨今、検証マネジメントの自動化を支援するEDAツールが実用化されていますが、期待する効果が得られるか否かは使い方次第です。今回、当社検証プラットフォームの検証実行機能とVerdi Verification Plannerの検証マネジメント機能を融合し、かつ検証現場に最適な運用方法を実現することで、検証品質の向上と検証期間の改善を図りました。
本報告では、検証品質向上の鍵となった運用方法の工夫と、MCU検証への適用で直面したツールの課題と対策をご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 Verdi Verification Planner
15:1016:10
K-3
コンピュータによる多様性 撤退から成長へ
メディアアーティスト
落合 陽一 氏
今の日本の社会変化は二極化しています。都市化による中央集権型と過疎化高齢化による非中央集権型の入り交ざった状態です。この社会変容をポジティブに捉えることができれば、日本は課題先進国から課題解決先進国へと移行することができるのは自明ですが、今までポジティブなビジョンを示すことは難しいことでした。この講演では、コンピュータ設計による製造の多様化、ソフトウェア・デザインによるインタラクションの重層化、ブロックチェーンによる分散化などを含め、一時的な撤退戦を戦略的に攻略し、それを対外戦略に結びつけていくようないくつかのアイデアの集合体を示し、議論し、クリエイティブな創発につながるようなマインドセットをご提示します。
【セッション】 キーノート
【カテゴリ】 Machine Learning/AI関連
16:1016:35 Coffee Break - コーヒーブレイク
16:3517:15
AT-5
車載システム向けインシステム・セルフテスト・ソリューション
Synopsys Italia SRL
Design Group
Principal Engineer Salvatore Talluto
車載製品は最も厳格な機能安全要求レベルを達成する必要があります。特にセーフィティー・クリティカルな部品には、ISO 26262の厳守と、開発対象のシステム・シナリオに合わせて、適切なASIL基準(ASIL A~D)への準拠が求められます。このセッションでは、機能安全および製造品質の要件を満たすSTマイクロエレクトロニクス社のオートモーティブLogic BISTの必要条件、設計フロー、および実装についてご紹介します。
【セッション】 顧客事例セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 DFTMAX、DFTMAX LogicBIST、STAR Memory System、STAR Hierarchical System、TetraMAX Ⅱ、SpyGlass DFT ADV
17:2518:05
AT-6
Saberを用いた電気自動車のモデル化と性能解析
日本シノプシス合同会社
技術本部 ベリフィケーション・グループ
シニア・アプリケーション・エンジニア 石川 学
ハイブリッド/電気自動車の開発競争に勝ち残るためには、堅牢で最適化された車両システム設計を実現する必要があり、開発者は仮想プロトタイピングを活用して様々な設計課題に対応しています。
Saberの物理モデルを用いる仮想プロトタイピングは、システムレベル設計およびその最適化、制御器設計と検証、IGBT/SiCパワーデバイスを用いるモータインバータの分析などに活用されています。最新版では先進的なバッテリーモデルにより、環境温度や容量の劣化を考慮して電気自動車の走行可能距離を推定することも可能です。
本セッションでは、このような Saberを用いた電気自動車のモデル化と性能解析についてご紹介します。
【セッション】 シノプシス技術セッション
【カテゴリ】 Automotive関連
【製品】 Saber