プログラム

  • Automotive

    Automotive関連セッション

Keynote ─ キーノートスピーチ

9:35

10:35
K-1 Guest Keynote
まいど!元気出してやりまひょ ~技術を世界に!モノづくりには“夢”がある~
株式会社アオキ 取締役会長
東大阪市モノづくり親善大使
青木 豊彦 様
東大阪で若者が集結し、町工場のパワーで人工衛星を打上げる夢が平成21年1月、種子島宇宙センターにて成功。世界最小の会社がボーイング認定工場になった経緯をお話しいたします。先行きの見えない混沌とした日本の現状を打破するため、幾つもの困難を乗り越え、高度な技術開発に果敢に挑戦し成功を収めた開発ストーリー、そして、制約を打ち破って開発プロジェクトに挑んだ想いやモノづくりに取り組むエンジニア・スピリットなどを熱く語ります。
10:40

11:20
K-2 Synopsys Keynote
あらゆるものがスマート化する時代のイノベーションとは
Synopsys, Inc.
Customer Engagement
Executive Vice President Deirdre Hanford
今やあらゆるものがスマート化する“Smart Everything”時代となり、新たな技術革新のうねりを引き起こしています。仮想現実などの新しい技術はエンターテイメントのあり方を変え、機械学習の発達は人と機械の向き合い方を再考させるものとなるでしょう。この大変革の中で中心的な役割を果たすことになるのが半導体開発者です。このエレクトロニクス業界に押し寄せる “Smart Everything”の波は、EDA、IP、ソフトウェアに新たな課題を突きつけています。加えて、セキュリティ対策という、さらに複雑な問題を抱え込むことになることも忘れてはなりません。外部からの侵入への対処はもちろん、侵入者からの知的財産や金融資産の保護、国家安全保障に至るまで、セキュリティの課題は多岐にわたります。 こうした背景から我々の業界の今後のあり方を考えたとき、セキュアなソリューション、テクノロジ・リーダーシップ、生産性向上などの点で、これまで以上に高度なものが求められてくると言わざるを得ません。新たな時代に向けた技術革新の挑戦についてお話します。
IP
11:35

12:15
IP-1
適切なIPによるネットワーク接続デバイスのセキュリティ対策
日本シノプシス合同会社
ソリューション・グループ
FAEマネージャ 高谷 和彦
ネットワークに接続されているデバイスの成長が見込まれている一方、これらデバイスへの攻撃の危険が増えつつあります。本セッションではどのような危険に直面しているのか、SoCに対してどのような対策が必要なのかについてご説明します。
セキュリティの基本の説明では大きく暗号化、完全性、認証、タンパーレジスタンスという概念の説明を行い、セキュリティの実装に必要な環境をご説明します。設計時の対策例はクローズド・システム、オープン・システムといったネットワークの違い、およびローエンドからハイエンドまで様々なデバイスについてどのような対策が有効かについてご説明します。セキュリティ・ユースケースについては対象のシステムやデバイスに合わせた必要な用件についてご説明します。
13:15

13:55
IP-2
LPDDR4のメモリ構成と、それを実現するシノプシスのDDR PHY+コントローラ・ソリューション
日本シノプシス合同会社
ソリューション・グループ Japan IP R&Dセンター
マネージャ 小野 寛
LPDDR4 SDRAMが規格化されて2年になり、ワールドワイドでLPDDR4を搭載したスマートフォンが普及しはじめ、オートモーティブ向けとしても着々と準備されつつあります。日本市場においても、その性能と供給面から様々なアプリケーションでの採用が期待されています。
本セッションでは、LPDDR4対応のPHY、メモリコントローラを使用して実際にシステムに組込む際に留意すべき点や、目的に応じた構成方法の違いについてご説明します。また、弊社のPHY、メモリ・コントローラのインターオペラビリティ、それぞれの機能、特徴や現在の取り組みについてご紹介します。
14:00

14:40
IP-3
PCI Express Gen4規格動向と弊社PCIe Controller/PHY IPの取り組み
日本シノプシス合同会社
ソリューション・グループ
マネージャ 大村 拓也
PCI Expressは幅広い分野にて標準のシステムバスとして使用されており、市場の要求と共に規格も拡張を続けています。現在PCI-SIGではGen4 (16GT/s)の規格策定作業が進んでおり、Rev 0.7の仕様策定まで完了しています。
本セッションではGen4 Rev 0.7で追加された新しい機能であるFC Scaling、10bit TAG、Retimer、Lane Marginingなどの規格の解説と、シノプシスのControllerとPHY一体としてのGen4ソリューションやPower Gatingなど低消費電力化への取り組みをご紹介します。
14:45

15:25
IP-4
USB Type-C規格とDisplayPort Alternate Modeにおける、3つの実装チャレンジ
日本シノプシス 合同会社
ソリューション・グループ
コーポレート・アプリケーション・エンジニア マネージャ 中村 孝志
USB Type-Cは、USBの最速転送規格”USB 3.1”で策定されたコネクタの新規格です。これにより、USB2.0/USB3.0規格でもコネクタ表裏を気にせず、また、ホスト側/デバイス側の接続方向さえ意識せずに接続できるようになりました。しかし、これは単なるコネクタ規格に留まりません。データパスの反転やそれに伴うPHYの実装など、SoCの実装そのものは開発者にゆだねられている部分が少なくありません。
また並行して、SoCの利用価値/用途を増強するため、PHY部分を共通化する技術の一つとして、USB/DisplayPort Alternate Modeが注目されています。これらの実現方法を考慮した場合、更に複雑な検討を余儀なくされます。
本セッションではこれらを実現するにはどのような考慮が必要か、3つのチャレンジに分類してご紹介します。
15:25

15:45
Coffee Break - コーヒーブレイク
15:45

16:25
IP-5
IPデバッグシステムの紹介とIPプロトタイピング・キットへの適用
日本シノプシス合同会社
ソリューション・グループ Japan IP R&Dセンター
R&Dエンジニア 安達 拓
SoC開発におけるFPGAプロトタイピングやサンプルチップ評価などの実機によるハードウェア評価は、その高集積化が進むにつれて難易度も高くなってきています。特に通信速度の主流がGbpsを超える高速インターフェイスの領域では、単純なミスによる誤動作や信号品質に起因する問題の解析に大きなコストを要してしまうケースが多くあります。
そこで本セッションでは、開発を進めている新しいコンセプトのインサーキットIPデバッグ・システムをご紹介します。
実際に、弊社DesignWare IP Prototyping Kitに適応した結果を例にとり、従来は困難であった動作解析の手法と、評価の幅を広げるIPデバッグ・システムのユースケースについてご説明します。
16:30

17:10
IP-6
DesignWare ARC EMアーキテクチャにおけるTOPPERSカーネル利用
株式会社エーアイコーポレーション
TOPPERSグループ
技術担当マネージャ 原田 雅章 様
DesignWare ARC EMアーキテクチャで動作するTOPPERSカーネルの利用方法を、カーネル移植者、ARC EM開発プラットホーム提供者、システム開発者の視点で、それぞれの立場で留意すべき点や作業項目を解説します。
カーネル移植者向けには、カーネルが具備する機能を前提に、移植に際してのToDo項目、ARC EMおよびコンフィギュラブル・プロセッサならでは留意事項を交えてご説明します。
具体的にはルネサス製KAWAII (仮)チップへの移植事例をご紹介します。
17:15

17:55
IP-7
DesignWare ARC EM を用いた 1 inch sensor Solution
ルネサス エレクトロニクス株式会社
コア技術事業統括部
課長 中島 雅美 様
現在のIoTエッジデバイスは、センシングデータをサーバやクラウドに送信して、データの解析や処理を実施しています。しかし、今後、エッジデバイスの爆発的増加が見込まれる中で、すべてのセンシングデータを通信し、クラウド側で処理をするのは、処理速度、レイテンシ、消費電力、またセキュリティの観点からも難点があります。そこで、高いエネルギー効率を維持したまま、高い処理能力(200MHz)、メモリの大容量化(2MB)、セキュリティを強化したチップを、DesignWare ARC EMを用いたデータフュージョン・サブシステムと、40nmプロセスの低電力組込みフラッシュ(SG-MONOS)を用いて試作しました。本チップと、9Dセンサ、BLEなどを搭載する1インチサイズの小型ボードを開発し、次世代IoTエッジデバイスを実現、実証しました。

※プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。