プログラム

  • Automotive

    Automotive関連セッション

Keynote ─ キーノートスピーチ

9:35

10:35
K-1 Guest Keynote
まいど!元気出してやりまひょ ~技術を世界に!モノづくりには“夢”がある~
株式会社アオキ 取締役会長
東大阪市モノづくり親善大使
青木 豊彦 様
東大阪で若者が集結し、町工場のパワーで人工衛星を打上げる夢が平成21年1月、種子島宇宙センターにて成功。世界最小の会社がボーイング認定工場になった経緯をお話しいたします。先行きの見えない混沌とした日本の現状を打破するため、幾つもの困難を乗り越え、高度な技術開発に果敢に挑戦し成功を収めた開発ストーリー、そして、制約を打ち破って開発プロジェクトに挑んだ想いやモノづくりに取り組むエンジニア・スピリットなどを熱く語ります。
10:40

11:20
K-2 Synopsys Keynote
あらゆるものがスマート化する時代のイノベーションとは
Synopsys, Inc.
Customer Engagement
Executive Vice President Deirdre Hanford
今やあらゆるものがスマート化する“Smart Everything”時代となり、新たな技術革新のうねりを引き起こしています。仮想現実などの新しい技術はエンターテイメントのあり方を変え、機械学習の発達は人と機械の向き合い方を再考させるものとなるでしょう。この大変革の中で中心的な役割を果たすことになるのが半導体開発者です。このエレクトロニクス業界に押し寄せる “Smart Everything”の波は、EDA、IP、ソフトウェアに新たな課題を突きつけています。加えて、セキュリティ対策という、さらに複雑な問題を抱え込むことになることも忘れてはなりません。外部からの侵入への対処はもちろん、侵入者からの知的財産や金融資産の保護、国家安全保障に至るまで、セキュリティの課題は多岐にわたります。 こうした背景から我々の業界の今後のあり方を考えたとき、セキュアなソリューション、テクノロジ・リーダーシップ、生産性向上などの点で、これまで以上に高度なものが求められてくると言わざるを得ません。新たな時代に向けた技術革新の挑戦についてお話します。
AMS
11:35

12:15
AM-1
Custom Compiler導入と、内製CADシステムとの融合による効率的設計フローの構築
旭化成エレクトロニクス株式会社
製品基盤技術部
主幹技師 西本 峰雄 様
旭化成エレクトロニクスでは半導体事業に参入以来、内製CADを中心とした設計フローを構築し、アナログ設計者のニーズにきめ細かく対応して設計品質の向上と製品競争力の強化を図ってまいりました。さらなる設計環境の強化を求めて市販ツールの導入を検討した結果、使いやすさに優れ、自動化機能も豊富でTAT削減に貢献できるCustom Compilerの採用を決定しました。カスタマイズの容易さにより、現行機能の移植や今後の独自機能の効率的な開発が可能である点も判断の決め手となりました。移行にあたってはシノプシスよりカスタマイズやエンハンスの支援を受けることで、旭化成エレクトロニクス流の品質設計フローをCustom Compiler上に構築し、効率的な設計フローを確立できました。
本稿では本プロジェクトの調査段階から、決定、フロー構築に至るまでの概要をご紹介します。
13:15

13:55
AM-2
Custom Compilerのウォークスルー:デモとユーザ事例紹介
Synopsys, Inc.
Design Group
Product Marketing Director Maged Attia
全く新しいVisually-assisted automationというコンセプトのもと、従来、何日もかかっていたレイアウト作業を何時間のレベルにまで短縮化するソリューションとしてCustom Compilerを開発しました。本セッションでは、その最新機能をステップごとにデモでお見せしながらCustom Compilerを紹介いたします。Custom Compilerがリリースされて以来、多くのお客様がCustom Compilerに移行しております。本セッションではこれらのお客様の設計手法のいくつかも紹介いたします。
14:00

14:40
AM-3
Custom Compiler設計フロー用、内製主力プロセスのiPDK開発
旭化成エレクトロニクス株式会社
生産センター 第二製造部 PDK開発グループ
グループ長 小林 裕 様
旭化成エレクトロニクスは半導体事業に参入以来、内製のCADツールを自社開発してきました。PDKにおいても、ファウンドリPDKではサポートしていないようなきめ細やかな対応のPDKを自社開発し、設計者に提供することで設計品質の向上を図り、製品の競争力向上につなげてまいりました。
今回、設計フローのさらなる効率化求めて Custom Compilerの導入を決定しました。PDKにおいても、これまでの内製の優位性を損なうことなく、シノプシス環境のメリットを取り入れ、開発力や品質を向上させる必要がありました。
そこで、シノプシスの全面的な協業の下、iPDK開発環境移行に着手しました。旭化成エレクトロニクスの設計品質機能とシノプシスのもつPDK開発・検証環境を融合し、内製主力プロセスのiPDKの開発を完成させました。
本発表では両者のPDK環境の優位点と、それらの統合、iPDK開発についての概要をご紹介します。
14:45

15:25
AM-4
Custom Compilerシミュレーション環境を用いた効率的なAMS検証
Synopsys, Inc.
Design Group, Custom Design Products
CAE Preeti Jain
Custom Compilerには統合シミュレーション環境が備わっています。グラフィカルな操作でマルチテストベンチ・シミュレーション、コーナー解析、モンテカルロ・シミュレーション、データ・マイニング、HTMLでのドキュメント出力など、包括的なAMS検証が可能となります。同じAMS検証はネットリストベースのスタンドアローン環境でも実行でき、HSPICE、FineSim SPICE、CustomSimの回路シミュレータに含まれています。
本セッションでは、Custom Compilerの主な機能のデモ、AMS検証の生産性を上げるベストプラクティスを紹介しながら、Custom Compilerのシミュレーション環境をご紹介します。
15:25

15:45
Coffee Break - コーヒーブレイク
15:45

16:25
AM-5
SRAMおよび高速I/F回路に対するCustomSim検証事例
パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
基盤・商品開発センター 基盤技術開発部 アナログ設計インフラ課
係長 三島 英樹 様
近年のプロセス微細化、システム高性能化に伴い、半導体回路の動作検証に必要となる計算量は益々増加しており、回路の動作検証を効率よく実施するためには高速かつ高精度な回路シミュレータが必要となっています。特に大規模のSRAM回路やHDMIなどの高速I/F回路に対しては、従来の高速SPICEシミュレータでは解析に非常に長い時間がかかることや収束エラーが発生するなどの問題がありました。そこで新たにCustomSimの評価を行い、これらの回路に対して精度を維持したままパフォーマンスを大幅に向上できることを確認しました。
今回はCustomSimの評価結果およびこれらの回路に対する検証の事例についてご紹介します。
16:30

17:10
AM-6
ESD電流経路探索へのCCK活用、およびSPRES による配線抵抗値算出事例
新日本無線株式会社
IC設計本部 第二設計部 第二設計課
主任 小笠原 健一 様
新日本無線は、セミカスタムIC “BCDマスターチップ” をはじめとする、アナログIC開発にCustomSim Circuit Check (CCK)を活用してきました。中でも、Hierarchical Propagation (HP) API Functionsは汎用性が高く、スクリプト次第で、さまざまなネットリスト解析が可能になります。弊社では、HP APIで、ESD電流経路になりうる内部回路の探索、端子構造の確認などに活用しています。また、 CustomSim Static Power Net Resistance (SPRES)で配線抵抗を計算していますが、カラーマップで全体の抵抗を把握できる便利さがある反面、必要なパスだけのレポートを作成する場合は意外に面倒です。弊社では、前処理にCCKを使用することでこの問題を解決しました。
今回は、これらの事例をご紹介すると共に、可能な限り作成したTCLを公開する予定です。
17:15

17:55
AM-7
DDRx-I/F設計へのHSPICE/Custom WaveView ADV活用 ~Sパラメータを用いたSI解析/DDR4コンプライアンス評価
株式会社メガチップス
LSI設計本部 第1設計部 6課 2G
主任 北越 友人 様
近年の高速化したDRAM-I/FのSI解析では、パッケージ、プリント基板などの等価モデルとして広帯域の特性を表現できるSパラメータが使われるようになってきています。しかしながら周波数ドメインで表現されたSパラメータをSI解析で扱うには精度・収束性の面で注意が必要です。また最新のDDR4/LPDDR4のSI検証では、従来のDDR評価テストにないEye Mask評価などへの対応も求められます。
本セッションでは、シノプシスの回路シミュレータHSPICEを用いたDDR3-I/FのSI解析事例を基に、比較的規模の大きいSパラメータをSI解析で扱う場合の注意点などについてご紹介します。また弊社ではSI検証におけるDDR4コンプライアンス評価への対応として同社のCustom WaveView ADVを導入しました。その導入経緯について同ツールの機能、特徴を交えてご紹介します。

※プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。