プログラム

  • Automotive

    Automotive関連セッション

Keynote ─ キーノートスピーチ

9:35

10:35
K-1 Guest Keynote
まいど!元気出してやりまひょ ~技術を世界に!モノづくりには“夢”がある~
株式会社アオキ 取締役会長
東大阪市モノづくり親善大使
青木 豊彦 様
東大阪で若者が集結し、町工場のパワーで人工衛星を打上げる夢が平成21年1月、種子島宇宙センターにて成功。世界最小の会社がボーイング認定工場になった経緯をお話しいたします。先行きの見えない混沌とした日本の現状を打破するため、幾つもの困難を乗り越え、高度な技術開発に果敢に挑戦し成功を収めた開発ストーリー、そして、制約を打ち破って開発プロジェクトに挑んだ想いやモノづくりに取り組むエンジニア・スピリットなどを熱く語ります。
10:40

11:20
K-2 Synopsys Keynote
あらゆるものがスマート化する時代のイノベーションとは
Synopsys, Inc.
Customer Engagement
Executive Vice President Deirdre Hanford
今やあらゆるものがスマート化する“Smart Everything”時代となり、新たな技術革新のうねりを引き起こしています。仮想現実などの新しい技術はエンターテイメントのあり方を変え、機械学習の発達は人と機械の向き合い方を再考させるものとなるでしょう。この大変革の中で中心的な役割を果たすことになるのが半導体開発者です。このエレクトロニクス業界に押し寄せる “Smart Everything”の波は、EDA、IP、ソフトウェアに新たな課題を突きつけています。加えて、セキュリティ対策という、さらに複雑な問題を抱え込むことになることも忘れてはなりません。外部からの侵入への対処はもちろん、侵入者からの知的財産や金融資産の保護、国家安全保障に至るまで、セキュリティの課題は多岐にわたります。 こうした背景から我々の業界の今後のあり方を考えたとき、セキュアなソリューション、テクノロジ・リーダーシップ、生産性向上などの点で、これまで以上に高度なものが求められてくると言わざるを得ません。新たな時代に向けた技術革新の挑戦についてお話します。
Prototyping
11:35

12:15
P-1
板からソリューションへ、FPGAプロトタイピングのパラダイムシフト!
日本シノプシス合同会社
技術本部 プロダクト・スペシャリスト・グループ
アプリケーション・コンサルタント 古俣 孝
もはや板だけを作る、ボードのみを買ってくる時代は終わりました。大規模・高機能化したFPGAは使いこなしが難しく、電源設計やシグナル・インテグリティを考慮した基板設計も極めて複雑であり、火を入れて一発で動く保障はまったくありません。1日も早く機能のバリデーションを始めたい、高速に動作するI/Oの振る舞いの検証をしたい、高度に複雑化されたデジタル信号処理のアルゴリズムを確認したい、あるいはESチップが上がってくる前にソフトウェア開発に着手したい、こうしたエンジニアのニーズに応えるには信頼性が高く、そして拡張性も高い、更にデバッグの際の可視化性能に優れたプロトタイピング・ ソリューションが不可欠です。更に、チップ分割やデバッグ回路の実装など、皆様が直面するであろう困難を見据えた本当のプロトタイピングの真髄がここにあります。最新のXilinx Virtex® UltraScale™を搭載したHAPS-80とプロトタイプ統合環境のHAPS ProtoCompilerの効果的な使用方法についてご紹介します。
13:15

14:40
P-2
Micron DDRメモリを含むSoCへのUPF 3.0による早期システムレベル電力解析の適用
Synopsys, Inc.
Solutions Group
Senior Staff Product Marketing Manager Pat Sheridan
最新のDDRメモリを使ったSoCが増えてきている中、電力効率を考慮した設計は多くの電子製品において重要な課題となっています。ところが電力削減のための技術や電力管理の戦略を適切に利用するには、電力・パフォーマンス・コストを設計の早い段階でトレードオフ解析する必要があります。
このチュートリアルはマイクロンとシノプシスが共同で開発したもので、SoCが直面する課題、ダイナミック・シミュレーションの必要性、電力を考慮したバーチャル・プロトタイプの利点を紹介します。また新しいIEEE 1801-2015 UPF3.0標準について、およびSynopsys DesignWare DDR IPソリューションとMicron DDR4/LPDDR4メモリを用いたUPF 3.0による早期システムレベル電力解析の具体例についてもご紹介します。
14:45

15:25
P-4
仮想環境導入によって見えた、本当にやりたいこととのギャップ
コニカミノルタ株式会社
情報機器事業 開発本部 電子技術ユニット開発センター モジュール開発部
澤栁 一美 様
コニカミノルタでは仮想環境を導入してから、いくつかの開発で利用してきました。弊社の開発ではその性質上仮想環境単体よりもHybrid Emulationの方がより効果を出しやすく、複写機の画像フローの検証にて大幅な時間短縮を実現し、開発にとってなくてはならないツールになっています。ですが、更に活用したいと思っていても、実際にはいろいろな問題のために活用範囲を広げることが難しくなっています。
このセッションはシノプシスとコニカミノルタの共同セッションとなっており、前半はシノプシスよりツールベンダの立場から仮想環境のサプライチェーンを加速するVirtualizerの最新機能をご紹介し、後半はコニカミノルタがユーザーの立場から仮想環境を用いた先行開発を行うためにベンダ求めることを述べます。
15:25

15:45
Coffee Break - コーヒーブレイク
15:45

16:25
P-5
ソシオネクストの取り組み: HAPS+VDK Hybrid Prototyping導入による開発加速事例
株式会社ソシオネクスト
SoC設計統括部 フロントエンド設計部
田中 康 様
近年、ますます大規模化、複雑化するSoCソリューション開発において、短期開発の要求が高まっています。こうした状況の中、開発フロー早期から動作評価が可能なソフトウェア開発環境の構築が期待されています。
今回、この課題克服の一手法として、ES評価ボード提供より前に、HAPSボードとバーチャル環境を結合したHybrid Prototyping環境を構築し、ドライバ開発用に早期評価環境の提供を行いました。ソフト開発部隊への環境提供は、HAPS+VDK、HAPS+VPF (バーチャル・プラットフォーム)の2段階で行い、Step-1ではバーチャル部分にVDKを採用し、Step-2でSoC仕様に準拠したVPFを盛り込んだものとしました。2段階で環境提供した経緯や工夫した点など、ソシオネクストでの取り組み事例をご紹介します。
16:30

17:10
P-6
車載電子制御分野におけるシステムアーキテクチャ設計課題と期待
株式会社デンソー
基盤ハードウェア開発部
担当係長 阿部 孝司 様
車両制御システムが複雑になり、制御設計を支えるシミュレーション技術の高度化が求められています。既にマルチコアやGPGPUなどの最新ハードウェアを身近に活用でき、様々な高速・並列処理技術が提案されています。一方、マルチコア・マイコンモデルなどの各種仮想技術開発が進み車載制御開発への実用化も行われておりますが、マルチ・メニーコア・プロセッサ性能を効果的に活用する技術・手法には、まだまだ課題も多いのが実情です。本講演では、こうした時代のシステム・アーキテクチャ・デザインに求められる技術課題に対してどのように対応できるかに焦点を当て、さらに適用範囲の拡張に向けた今後の期待についてもご紹介します。
Automotive
17:15

17:55
P-7
仮想ECUを用いた車載ネットワーク向けシステムの早期開発
住友電装株式会社
電子事業本部 品質保証統轄部 品質管理部 プロセス品保2Gr
グループ長 杉村 嘉秋 様
車載エレクトロニクスの高度化に伴い、車載ネットワークも複雑化が進んでいます。また車自身の制御を電子回路が行うようになってきたことによりネットワークの重要性が増し、さらにはネットワークに求められるセキュリティも重要な課題となってきています。そんな中で品質を維持していくためには設計の早期化が一つの重要なテーマとなっています。 このセッションではECUボードを仮想化することにより住友電装社が目指す設計改革についてをご紹介します。また、仮想ECUを用いることで次世代のネットワークIPに対する様々な形の先行検討など将来に向けた期待についてもご紹介します。
Automotive

※プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。