プログラム

  • Automotive

    Automotive関連セッション

Keynote ─ キーノートスピーチ

9:35

10:35
K-1 Guest Keynote
まいど!元気出してやりまひょ ~技術を世界に!モノづくりには“夢”がある~
株式会社アオキ 取締役会長
東大阪市モノづくり親善大使
青木 豊彦 様
東大阪で若者が集結し、町工場のパワーで人工衛星を打上げる夢が平成21年1月、種子島宇宙センターにて成功。世界最小の会社がボーイング認定工場になった経緯をお話しいたします。先行きの見えない混沌とした日本の現状を打破するため、幾つもの困難を乗り越え、高度な技術開発に果敢に挑戦し成功を収めた開発ストーリー、そして、制約を打ち破って開発プロジェクトに挑んだ想いやモノづくりに取り組むエンジニア・スピリットなどを熱く語ります。
10:40

11:20
K-2 Synopsys Keynote
あらゆるものがスマート化する時代のイノベーションとは
Synopsys, Inc.
Customer Engagement
Executive Vice President Deirdre Hanford
今やあらゆるものがスマート化する“Smart Everything”時代となり、新たな技術革新のうねりを引き起こしています。仮想現実などの新しい技術はエンターテイメントのあり方を変え、機械学習の発達は人と機械の向き合い方を再考させるものとなるでしょう。この大変革の中で中心的な役割を果たすことになるのが半導体開発者です。このエレクトロニクス業界に押し寄せる “Smart Everything”の波は、EDA、IP、ソフトウェアに新たな課題を突きつけています。加えて、セキュリティ対策という、さらに複雑な問題を抱え込むことになることも忘れてはなりません。外部からの侵入への対処はもちろん、侵入者からの知的財産や金融資産の保護、国家安全保障に至るまで、セキュリティの課題は多岐にわたります。 こうした背景から我々の業界の今後のあり方を考えたとき、セキュアなソリューション、テクノロジ・リーダーシップ、生産性向上などの点で、これまで以上に高度なものが求められてくると言わざるを得ません。新たな時代に向けた技術革新の挑戦についてお話します。
Automotive
11:35

12:15
AT-1
シノプシスのオートモーティブ・ソリューション ~ハードウェア設計・ソフトウェア開発に向けて
Synopsys, Inc.
Automotive Business Development
Senior Director Jeff Hutton
シノプシスは、車載システム開発のためのEDA/IPソリューション、ソフトウェア開発ソリューションを幅広くご提供しています。本セッションでは、機能安全検証ソリューション、車載規格準拠IP、ISO26262認証済みテスト・ソリューション、高信頼性IC設計ソリューション、車載ソフトウェアのサイバーセキュリティ対策ソリューションなど、シノプシスの包括的な自動車向けソリューションをご紹介します。
Automotive
12:25

13:05
L-3
モデルベース設計を支援するマルチドメイン・ミックスドシグナル解析プラットフォームSaberRD のご紹介
日本シノプシス合同会社
技術本部 シリコン・エンジニアリング・グループ
石川 学
自動車の安全と環境に関する基準が引き上げられ、設計・検証技術者は革新的で安全な移動体パワーシステムの開発という新たな課題に取り組んでいます。SaberRD は最先端の設計・検証手法によって、この挑戦をサポートします。SaberRD は強力なモデリング機能を備えた機械系およびパワー・エレクトロニクス系ミックスドシグナル解析プラットフォームです。
本セッションではモデルベース設計を支援する、SaberRD の豊富な機能についてご紹介します。
Automotive
13:15

13:55
AT-2
車載向けデザインの検証 ~ISO 26262適格要件における機能性と安全性
Synopsys, Inc.
Product Marketing, Synopsys Verification Group
Director David Hsu
車載向けデザインの検証、特にADASのような安全性への要求が厳しいアプリケーションにおける検証では、ISO 26262機能安全規格の準拠の際に直面する課題が複合的に絡み合い、その達成をより困難にしています。
本セッションでは、その解決に向けて、以下のトピックについて議論します。

1. 従来の機能検証と機能安全検証の目的の違い
2. 故障モデル、故障タイプおよび故障分類の概要
3. 機能検証環境の品質を解析・計測するための、故障注入に関するツールと技術
4. 最高レベルの安全水準が要求される車載向けデザインにISO 26262規格を準拠するための、故障注入のツールと技術
5. シノプシス車載安全性検証ソリューションのベストプラクティス・フローの事例紹介
Automotive
14:00

14:40
AT-3
ADAS用途向け車載SoCsに搭載されるIPに必要な要件の達成
Synopsys, Inc.
Automotive IP Segment
Marketing Manager Ron DiGiuseppe
高い安全性が求められる車載用SoCでは、IPに対しても機能安全規格ISO26262の厳しい要件を満たすことが求められています。
本セッションではISO26262に準拠したASIL対応 IPの開発と認証における事例をご紹介し、ISO26262規格がIPに与えるインパクトやADASアプリケーション用途向けIPの提供形態、信頼性試験認定規格AEC-Q100や品質マネジメント・システム規格TS16949への要求についてレビューします。さらに、FinFETプロセスで構築したハイパフォーマンスなADAS SoCに要求されるIPをハイライトし、IPプロバイダーとして車載向けSoCサプライヤーへの貢献の仕方をご説明します。
Automotive
14:45

15:25
AT-4
攻める!テスト品質向上技術、車載ADASチップにおける適用事例と課題
株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社
半導体研究開発センター 次世代ハードウェア開発部
参事 小島 能成 様
近年、自動車産業における半導体への期待は日増しに膨らみ続けています。東芝では、厳しい品質要求と多様化するニーズに対し、システム設計・機能安全設計・テスト設計・信号解析/EMC、などあらゆる技術を駆使し、品質向上に取り組んでまいりました。本発表では、おもにテスト品質向上の技術について弊社の事例をご紹介するとともに、車載半導体の開発における現状の課題についてもご報告します。
Automotive
15:25

15:45
Coffee Break - コーヒーブレイク
15:45

16:25
AT-5
ルネサス エレクトロニクスにおけるZ01Xでの車載半導体製品の検出率評価
ルネサス システムデザイン株式会社
第一要素技術事業部 デザインインテグレーション部
主任技師 松嶋 潤 様
ルネサス システムデザイン株式会社
第一要素技術事業部 デザインインテグレーション部
技師 和田 弘樹 様
車載半導体製品では、Zero-Defect のコンセプトに基づいた、一般半導体製品より高い品質要求が求められます。これらの品質要求はAEC-Q100などの規格で定義されています。この目標を達成するためには、スキャンテスト対象ではない論理部分に対する検出率評価や、IDDQテストの実施とテスト・カバレジの評価といった検出率評価が必要となります。また、新しいニーズとして、ISO26262では故障発生時の動作の検証として故障注入を行った検証が求められます。
本発表では、ルネサス システムデザインでの、車載製品のスキャン・テストの対象外の論理についての検出率評価の概要と、IDDQパタンの評価の概要を説明し、Z01Xが様々な検出率評価要求に短TATで対応可能であることを示します。また、今後の対応として、故障注入を行った検証へのZ01Xの応用について言及します。
Automotive
16:30

18:00
AT-6
DFT ユーザー事例

テスト品質/コストを大幅に向上する新製品TetraMAX IIならびに最先端DFTソリューション

Synopsys, Inc.
Test Automation
Staff Product Marketing Manager Dmitry Melnik
シノプシスでは、従来のDFT Solutionに加え、車載製品に必要となる高品質テストソリューションとしてTetraMAX Automotive、 DFTMAX LBISTなど 次々に新しい機能を提供しており、昨年はTetraMAX が、今年はTetraMAXIIがISO 26262 への準拠性認証を取得しました。デザインの複雑化に伴い、増大するテストパターンに対する対策、テスト実行時間の増加を防ぐことが、テスト品質/コストを考える上で課題になってきています。これらの課題の解決に向けたシノプシスのソリューションをご紹介します。テストパターンを大幅に削減でき、メモリー使用効率も大幅に向上し、ATPG実行時間を数日単位から数時間の単位に短縮するTetraMAX IIをはじめ、最先端のDFT ツール機能についてご説明します。

シノプシス社 LBISTおよびSpyGlass DFTを使用した車載製品設計事例とTetraMAX IIの評価事例紹介

株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社
ミックスドシグナルIC事業部 設計技術開発部 設計メソドロジー開発部 設計メソドロジー開発担当
参事 草野 亮司 様
車載製品では高品質・高信頼性を求められますが、それらを追求すると同時に、製品サイズへの影響も最低限となるテスト設計ソリューションが求められます。今回DFTMAX LogicBISTおよびSpyGlass DFT ADVを使用し、テスト用回路面積を最小限に抑えたLogicBIST回路搭載の車載向け製品を設計した事例をご紹介します。また、今年シノプシス社が発表した テストパタン削減とATPG高速化を目指したTetraMAX IIの評価結果をあわせてご紹介します。

車載ミックスドシグナル製品向けPOSTの開発によるISO26262対応

ルネサス システムデザイン株式会社
第一要素技術事業部 デザインインテグレーション部
主任技師 松嶋 潤 様
ルネサス システムデザイン株式会社
第一要素技術事業部 デザインインテグレーション部
技師 西田 善則 様
2015年の内閣府発表では、2020 年の東京オリンピックまでに東京においてレベル3の準自動走行システムを世界に先駆けて実用化するとしています。自動運転の安全性確保のために、ミックスドシグナル製品を含めた車載半導体製品においてISO26262などで規定される機能安全機能の向上と安全レベル(ASIL)向上が求められ、特に機能安全機能の一つであるPOST(Power On Self Test)の実装が必要とされています。
しかし、車載ミックスドシグナル製品は論理規模が小さく、複雑な制御や、論理規模の大きなDFTの導入は困難です。ルネサスではこの対応のため、シノプシスのDFTMAX UltraのLogicBISTを利用したPOSTのフローを立ち上げました。本発表では、従来のDFTMAX との変更が少なく、Easy To Use でかつ制御容易な本手法についてご説明します。
Automotive

※プログラムは変更される場合がございます。ご了承ください。