PrimeTime Webinar Series Archives 

 

PrimeTime 2013 Webセミナー・シリーズ

オンデマンド

PrimeTimeのフィジカルを考慮したECOで最短のマルチシナリオ・タイミング収束を実現: AMDとの共同成果
AMDとシノプシスが、PrimeTimeのECOガイダンス・テクノロジの最新機能と、それを使ったマルチシナリオ・タイミング収束を加速する手法を議論します。

GLOBALFOUNDRIESとシノプシスのサインオフ・ベストプラクティス
このWebセミナーでは、PrimeTimeとStarRCによる最先端プロセス向けの効果的なサインオフ・フローの主要な要素をご紹介します。

PrimeTimeのモードマージングによりマルチモードSTAのTATを短縮:LSIのケーススタディ
このWebセミナーでは、モードを融合することでシナリオの増加に対処するPrimeTimeの新しいテクノロジを紹介します。 LSIがPrimeTimeのモードマージングを使っていかにタイミング解析を簡素化したかを議論します。

サインオフ・タイミングを保持しつつリーク電流を修正: ユーザーのケーススタディ
このWebセミナーでは、タイミング違反を引き起こすことなくリーク電流を修正す

PrimeTime 2012 Webセミナー・シリーズ

PrimeTime PXによる早期の正確なパワーの見積もり: NVIDIAのテストケース
このWebセミナーでは、パワーの早期解析の必要性をご説明し、早期でデータが不完全でもいかに有益なパワーの見積もりができるかをご紹介します。 NVIDIAがその戦略を概説します。

PrimeTimeの多電源対応タイミング・サインオフで、5倍のスピードアップ: ルネサスのケーススタディ
複数の電源ドメインをもつ設計のサインオフにおいて、PrimeTimeの新しい多電源電圧解析技術がいかにリスク削減とスピードアップを実現するかをご覧ください。ルネサスはこの技術の導入により、サインオフにかかる期間を5分の1に削減することに成功しました。

PrimeTimeによるサインオフの短縮 – 最適な使い方へのヒント、裏技、新技術
サインオフにかかる期間を半分に短縮する方法や、専門知識を深めてきわめて効率的なサインオフのスクリプトを作成する方法をご説明します。

ECOフローを簡素化し、セットアップとホールド、DRCのタイミング収束をスピードアップ
ECOのためのタイミングを考慮したDRCガイダンスの新機能をご紹介し、28nm以下の設計で最も迅速なタイミング収束を行うにはどのような設計フローやツール設定が必要かをご説明します。

PrimeTime 2011 Webセミナー・シリーズ

オンデマンド
クロック解析とデバッグのスピードアップ
クロック制約を早期に解析し、問題点を早期に発見し、タイミング違反をより速く見つけましょう。Galaxy Constraint AnalyzerとPrimeTimeを用いて迅速にクリーンなクロック制約を確保し、サインオフ過程でのクロックのタイミング違反を防ぐテクニックをご説明します。

PrimeTimeとIC CompilerにおけるECOの修正期間を数週間短縮
いかにして設計チームがインプリメンテーションとサインオフの期間を数週間短縮しているかをご覧ください。 PrimeTimeの次世代ECOガイダンスとIC Compilerにより、DRC、セットアップ、ホールドの違反を自動修正して設計期間を削減する方法についてご説明します。

Galaxy Constraint Analyzerによるタイミング制約の高速クリーンアップ
このテクニカル・セミナーでは、いかに複雑なデザインでもサインオフ品質のタイミング制約を迅速に作成できるGalaxy Constraint Analyzerのしくみについてご説明します。

タイミングのデバッグをスピードアップするPrimeTime可視化ツール
PrimeTimeの新しい可視化手法を利用して、インプリメンテーションおよびサインオフ時の複雑なタイミングパスのデバッグ期間を短縮します。 新しいクロック解析およびデータ解析機能の動作をご覧ください。

PrimeTime AOCVを利用して設計マージンを削減 - TSMCとユーザの視点
設計者がPrimeTime AOCVを利用し、過度に悲観的な違反を排除することによってデザイン収束までの期間を短縮する方法、およびこれらの新しいテクノロジに関するTSMCの視点とサポートモデルについてご説明します。

PrimeTime 2010 Webセミナー・シリーズ

オンデマンド
PrimeTime PXを利用してローパワー設計の高精度な消費電力解析を実行
デザインに使われているローパワー手法の有効性をいかに解析するか、消費電力が最も多い動作モードはどれか、ローパワー条件を満たす最適なデザインを実現するためにPrimeTime PXをいかに導入するかについてご説明します。

PrimeTimeとIC CompilerによるECO修正フローを迅速化
修正の実行時間を短縮する方法、セットアップとホールドの違反を収束するために最適な方法、分散マルチシナリオ解析でセットアップ、ホールド、DRCを自動修正してSI修正を最も効果的に導入する方法についてご説明します。

Galaxy Constraint Analyzerを利用した設計の生産性向上
Galaxyインプリメンテーション・プラットフォーム向けに調整されたGalaxy Constraint Analyzer(GCA)の先行的タイミング制約解析とデバッグテクノロジにより、設計者の生産性が向上するしくみについてご説明します。

PrimeTime AOCVを利用して設計マージンを削減
フラットディレートOCVや統計的なSTAベース・サインオフ・テクノロジと比較したAOCV(Advanced On-Chip-Variation)の有効性、およびこれらの3種類の手法の導入コストと精度の比較についてご説明します。

ローパワー設計のシグナルインテグリティ・ノイズへの対処
ローパワー設計の影響、さらにローパワー設計のため先端のスタティックタイミング解析ツールには何が要求されるかについてご説明します。



NewsArticlesWhite PapersWebinarsVideos