ハードウェア支援によるシミュレーション高速化 

 

機能検証は厄介な作業です。 チップの集積度の向上に伴い、デザインの機能動作の検証はますます複雑になっています。 機能検証がデザインの高集積化を超えるスピードで複雑化していることによって問題はさらに深刻になっていますが、その原因はデザインに組み込む機能ユニットやサードパーティのIPブロック、組み込み/システムレベルのソフトウェアが増えていることにあります。 このように高度に複雑な検証においては数十億サイクルを実行する必要があります。 シミュレーション・アクセラレーション(コ・エミュレーションとも呼ばれる)は、機能シミュレーションとエミュレーション・ハードウェアを組み合わせて、この要件に対応する高性能を実現します。 シミュレーション・アクセラレーションにより検証速度をさらに加速することができ、最近の10億ゲートに及ぶ最大規模のSoCに必要な検証スピードに対応します。

シノプシスのシミュレーション・アクセラレーション・モデル

ZeBuコ・エミュレーションは、実績のあるシミュレーション環境で、大規模SoCのデバッグに必要なMHzクラスの性能を提供します。 すべてのZeBuエミュレータは、より高いシミュレーション・スループットが得られるシミュレーション・アクセラレータとして機能する、HDLコ・エミュレーションに使うことができます。 既存の検証環境に変更を加える必要がなく、現在の最先端の検証手法を採用しているテストベンチでさえも、即座にRTLアクセラレーションを行うことができます。 またハードウェア検証でのZeBuエミュレータ使用は、トランザクションレベルに拡張でき、さらに性能向上を可能にします。 ZeBuエミュレータは、UMM、VMM、OVMなどの先進の検証メソドロジと互換性があり、VCS、Cadence Incisive、Mentor Graphics Questaなどのあらゆる一般的なシミュレータを完全にサポートします。

関連項目

製品: ZeBu-Server

製品: ZeBu-Blade2

製品: VCS



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersVideosTraining Courses